役立つコスメ情報をお届け!

ジェルネイルとは?

ジェルネイルって知っていますかツヤツヤandピカピカの透明感が今では大人気となっているジェルネイル。水飴のようにトロッとした液状の「ジェル」をネイルにのせて、UVライトで固めて作るのがジェルネイルです。

アクリルパウダーとリキッドを使用して作るアクリリック・スカルプチュアとは違い、臭いがほとんどなく、UVライトにあてなければ硬化しないため、初心者の方でも容易に施術出来るのが特徴です。

現在、アセトンなどの溶剤で溶けない一般的な「ジェルネイル」と、専用のリムーバーでオフ出来る「ジェルネイル」があるようです。

 ジェルネイルでどんなことが出来る?

1:フローター
自爪の弱い方、割れたり、欠けたりしやすい方は、自爪の上にジェルを乗せて、自爪の強化に使用できます。

2:チップ・オーバーレイ
自爪の先端に専用のチップを接着し、その上からジェルを乗せる方法です。先端に白いチップを使用すればフレンチネイルに、クリアなチップを使用すれば、クリアネイルに仕上げることが可能です。チップを使用するので、初心者さんでも簡単にトライできます。

3:フルビルディング・ジェルネイル
ネイルフォームを使用して爪の長さを出し、先端までジェルネイルで作るスカルプチュア(人工爪)です。自分で自分の爪に施術するのはちょっと大変ですが、繋ぎ目(自爪とチップの境)のないクリアなジェルネイルの艶感が魅力です。(専用リムーバーでオフできるメルティジェルでは、フルビルディング・ジェルネイルは作れません。

4:ジェル・ネイルチップ
ネイルチップをジェルでコートして、ジェルネイル仕様のネイルチップを作ることが出来ます。通常のネイルチップアートでは実現が難しい、大きめのシェルやオパール・グレイン(人工オパール)など、厚みのあるネイルアート素材を埋め込んだ、デザイン・スカルプチュア風のネイルチップも作れます。

 ジェルネイルの良いところ

1:初心者でも簡単です
ネイルカラーを塗る要領で筆を使用してジェルを乗せ、UVライトで固めるだけなのでとっても簡単!UVライトに当てない限り硬化しないので、何度でも形成のやり直しができるのも嬉しい点です。
アクリリックネイルのスカルプチュアのようにパウダーとリキッドの比率を気にしたり、ミクスチュアの作成練習に明け暮れたりせず作れるので、初心者さんでも簡単にツヤツヤネイルが実現できます。

2:無臭だから快適です
アクリルパウダー用のリキッドの臭いが強烈で、自宅で施術するのをはばかられていた従来のアクリリックネイルです。この臭いのため、大型店舗内の一角を利用したネイルサロンでは使用制限があったり、ネイルサロンでの施術中や順番待ちの最中に気分が悪くなる人も・・・。ジェルネイルはこのような悪臭(有機臭)がないので快適に作業が行えます。

3:透明感があってツヤツヤ
従来のアクリリックネイル・スカルプチュアと見比べると一目瞭然!本当に艶やかで美しい仕上がりが特徴です。

4:浮きにくいから長持ち
爪の状態により個人差がありますが、基本的にジェルは自爪との密着が良く、非常に浮きにくいのが特徴です。お直しの回数が少なくて済むので、経済的かつ効率的です。

 ジェルネイルの落とし方

ジェルネイルの落とし方は、削って落とすハードなタイプと、溶かして落とすソフトなタイプと2種類あります。削って落とすタイプのものは、自宅ですると爪を傷つける危険性があるため、かならずサロンでお願いするようにしましょう。

またバイオジェルについては、ソフトなタイプの代表的なジェルネイルですが、自分で落としてはいけないことになっています。そのほかのジェルネイルでも、自分で落とすときは、各メーカーの説明書に従って、判断しましょう。自宅で落とす場合の一般的な方法としては、まず、爪の下処理をします。

不要な長い爪を切り、取れる素材は取り除いて、ジェル部分にファイル、専用やすりで傷をつけます。こうすることで、アセトン液がしみこみやすくなるようです。爪より一回り大きなカット綿に、アセトン液をしっかり浸み込ませ、それを爪の上におき、その上からアルミホイルを巻いて、5分から10分待ちます。

アルミホイルと、綿を取り外し、やわらかくなったジェルネイルを、オレンジウッドスティックなどでつついて、取り外します。オレンジウッドスティックとは、割り箸のような木製の棒で、100円ショップでも、手に入ります。無理して一度にはがさないで、何回か、アセトンに浸す作業を繰り返します。

どうしても落としきれないジェルネイルは、ファイルできれいに取り除きます。そのほか、アセトンをフィンガーボウルに注ぎ、直接爪先を漬けて落とす方法もあります。この場合も、下処理やはがし方については、まったく同じです。ジェルネイルを落とし終ったら、オイルやクリームなどで、爪先を保護しましょう。

Favorite

林田学 評判
http://archive.fo/PqPxR

最終更新日:2017/4/3

welcom